2013年7月1日月曜日

機に発し感に敏なること

「機に発し感に敏なること」

意味としては、どんな状況に対しても臨機応変に対応し、また相手の気持ちを思いやり、素直に人のことを聞けるようになろうということ。


機に発するためには、機会を捉えてそれを逃さないようにするために

普段から準備をしておく必要があり、また臨機応変に対応するには

自分が柔軟になっている必要がある。


中途半端

私は小さい頃から中途半端が嫌いです


その分、失敗もたくさんしました


でも、それで良かったと思ってます



必ず失敗を成功に変えて来ました(^O^)




結構、楽しい人生です。




支えてくれる家族に感謝やな。