2016年2月27日土曜日

クラス分け

低学年、中・高学年と分けて稽古する事になり私も子供たち凄くやり易いです。

また低学年の子供たちは何時も先輩たちに頼りすぎて自分でカゴを片付けが出来なくなってたり、いつまでも帯が結べナカッタリしてました。

低学年が帰ったらカゴが15個ぐらいそのままでした。(笑)

中・高学年達とも、低学年だった頃みたいにまた私との距離が近くなった気がしました。

火曜日、木曜日、金曜日と実践少年部が2クラス増えることで、私の精神的、体力的の問題で火曜日のわんぱく幼年部の廃止となりました事は本当にご迷惑をおかけしてます。


わんぱく幼年部にかなりの神経を使ってまして週三回が限界と分かりました。


この事でわんぱくの一人が辞めてしまう事にもなってしまいました。


また逆に、わんぱくから少年部に上がってくれる子も出てくれました。


「わんぱく幼年部の目的は空手を初めて易くして、最終的に実践少年部に上がってくれる為の物です。」

今回は私も相当悩んだ決断で一年前から考えてました。

85名の子ども達が公平に稽古出来るように今度も改善、変更も御座いますので、その都度ご理解お願い致します。