2017年7月5日水曜日

出発点へ戻って見ました。

我々、中崎道場は10年前に出来ました。
その頃は常設でもなく、毎週違う場所、違う時間で少年部、大人合同でした。
私もトラックの仕事をしてましたので朝も5時起き、また指導が終わればラーメン屋さんへバイトも行ってました。
人数が少なかったのでレンタル料を払っても赤字でした。

その時代に長い間お世話になったレンタル施設へ行ってみたら、まだ中崎道場の名前を置いててくださってました。
清原さん、ありがとうございます。
涙出ましたね。

最近、辛いことが重なり、お墓参りへ行き、この出発点へ戻って見ました。
今月末、10年の夢が叶う時がカウントダウンされました。
我々、結成当時からの江藤先生、和田先生、兼田先生、その後かなり強い味方の上田先生、各先生方。
この当時から居てくれる少年部保護者様、現在の門下生、辞めた方のお蔭でここまでこれました。


そして、レンタル道場でも、常設でも皆さんの月謝は変わらないのです。
高い家賃を払ってまでも皆さんが伸び伸びと稽古出来る道場を私はやる責任があると思ってます。
しかし、家賃が払えなくて失敗に終わる事も可能性はなきにしもあらずです。
その時はまた最初に作った時の仲間達と原点へ戻る事は仲間なので理解してくださいます。
道場が借りれない時は河川敷や公園で稽古したもんです。
今回の移転で通うのが遠くなって辞めた小さな少年部には大変ご迷惑をおかけしました。
また自分で通えるようになったら帰って来てくださいね。
また、反対で移転した事で幼年、少年部、一般の入門予定者が沢山の連絡を頂いており、昨日も一般の方が他流から移籍してこられました。
私も真っ直ぐに進むしか有りませんので、皆様、力を貸してください。
押忍。