2016年3月7日月曜日

大阪なみはや支部交流試合 2016


昨日は24人が出場しました。


各カップシリーズ、大会で初級クラスでも3位までに入賞した選手は完全に出さないことにしましたので3分の一の人数でした。


その中でも幼年、一年生では中崎道場から優勝者が出ました。



3位、4位の数名居て、この子達の日々の成長が見れた交流試合でした。



とくに幼年部では見てて涙が出そうなシーンもありましたね。


三年生では双子の同門対決もありました(^^)/


あっ、それと一年の同門対決では私的には負けた選手の方が優勢だったように見れましたので旗をあげました。


他の審判は泣いてしまった事に反対をあげなのかな?とも思える試合でした。


小さい子の試合は基本的に泣いたら負けとなってます。


次回から泣かないで頑張ってください。



今回、試合に出れなかった五年生の強い先輩が後輩の面倒を見るために来て頑張ってました。


こういう事の成長や親御さんの指導には頭が下がります。


そして、表彰式まで誰も帰る事無く残ってくれる仲間に感謝です。


ありがとうございました。


またスタッフ一同にも感謝です。


わんぱく幼年部の親子も見学に来てくれてたそうです。


中崎道場 最高ですね。


(^^)/


惜しくも負けてしまった子も最高の経験ですし、試合から逃げないでコートに
立った事で心は強くなったのです。



『負けて強くなり、負けて素直になれる』



と私は思ってます。














大阪なみはや支部交流試合では必ず、審判講習が行われます。






この一年生のトーナメント表ご覧ください。


殆ど中崎道場です。


わんぱく幼年部から上がった子が殆どです。