2016年10月11日火曜日

西地区交流試合

大阪西地区交流試合、大変良く頑張ってました。

勝った子負けた子、全て貴重な経験です。


そして、この短い試合時間に様々なドラマも生まれます。


以前に負けた子に勝つ事もあり、その結果はその人に負けた悔しい思いを大切に出来た事の現れです。


負けた時に腐ると、リベンジなんでありえません。


試合内容でも技有りを取って貰えなくて終わる悔しい思い。


この思いは選手で有れば誰でも経験が有ると思うんです。


判定は他人が決めるもの。


やった本人やお互いの親が分かってるはず。


私的に今回もこちらの技有りが相手に上がってしまう事を数回見ました。


でも、判定に文句をつける事はご法度です。


私もそんな一つの負け試合をビデオでも再度拝見しましたが、勿論、こちらの選手の技有りでした。

こうした判定は本当の良くありますので我々も何も文句もない。

私はこう言う時は

こう考えて来ました。


でも、開始〜終わるまでそのヒットが無ければ終始押されてました。


ので、誰が、どの様に見ても終始勝ってる試合にする事と、倒す組手を目指す!


上段でもクリーンヒットでは無く、ぶっ倒す蹴り


です。


我々は他流の試合に参加する事は有りませんが、他流の試合会場はほとんどが矛盾の判定ばかりです。


そして、矛盾やイジメ判定を受けても腐らずに続ける選手は本物の強さになって行きます。


アウェイの中での優勝!


これ程、格好いい者は居ない。


中崎道場皆さんは、そう言う気持ちでちゃんとした組手で勝てる様にしましょうね!


真を極める



大阪西地区の皆様、今回も大変お世話になりました。

次回、もっと強くなって参加しますね。