2016年11月20日日曜日

経験豊富に。

怪我が怖いので危ない事はやらさないのが一番です。

本当にそうでしょうか?

中崎道場では空手以外の体操、鉄棒、運動を沢山取り入れてます。

この写真のわんぱく幼年部の稽古でも、完全にミットの利用方法を間違えてますね。( ̄ー ̄)

でも、発想を変えたら色々な使い道があるもんですね。

相撲、綱引き、沢山怪我をすることを私はやらせてます。

親は公園で付き添ってても危険な事はやらさないですから、私に預けてくださいましたら私が何でもやらせます。

親御さんには、多少の怪我は付き物と説明させて頂いてます。

昔の子供は毎日、擦り傷や流血してましたよね。(笑)

自然で危険な遊びは子供だけで作ったもんです。

このミットから飛び降りるのも、子供達が勝手に発見するんです。

私はこれまで子供達から沢山の稽古メニューを頂きました。

中崎道場は少し、他の空手道場とは違うと自分でも思います。

稽古内容は毎回違いますので、子供達はわくわくする事が多いですね。

毎回、めっちゃ頑張った!と運動会の後の様な達成感を与えてます。

特にわんぱく幼年部の子には大変な運動量でそこら辺の体操教室には負けないと思います。