2017年3月18日土曜日

極真会館 菅北道場  大阪市北区の空手道場


少年部の金曜日は菅北道場です。


ここは実践空手のみの道場なのでなかなか入門者が少ないです。


こうしてやってみてもわんぱく幼年部が一番入りやすいのです。

極真空手イコール実践ですから、なかなか入門まで行かないのですね。

組手、スパーリングを行わないわんぱく幼年部空手体操教室を是非、各地で流行らせてほしいです。

そうしたら空手に入りやすくなります。


菅北道場でも、わんぱく幼年部を作るの簡単ですが、私の神経が持ちません。


現在の週二回が限度なぐらい真剣な指導してます。



あっ、これは道場横の昨日のお昼の本庄やまが蕎麦です。








菅北道場では広いのでリレーもできます。(^^)




イカナゴの釘煮

昨日はFBの女性のお友達から頂いた釘煮と梅酒のソーダ割りでした。

手作りのこの釘煮は本当に旨いし優しい心がこもってますね。


ありがとうございます。









いかなごの釘煮[編集]

いかなご漁の解禁を知らせている
道の駅みつで撮影
イカナゴの釘煮
市販化されているイカナゴの釘煮
山陽自動車道三木サービスエリアで撮影
兵庫県淡路島播磨地区から阪神地区にかけての瀬戸内海東部沿岸部(播磨灘大阪湾)ではイカナゴはいかなごの釘煮という郷土料理で親しまれている。佃煮の一種で、水揚げされたイカナゴの幼魚(新子)を平釜で醤油みりん砂糖生姜などで水分がなくなるまで煮込む。この際、箸などでかき混ぜると身が崩れ、団子状に固まってしまうため一切かき混ぜない。炊き上がったイカナゴの幼魚は茶色く曲がっており、その姿が錆びた釘に見えることから「釘煮」と呼ばれるようになったとする説が有力である。「くぎ煮」は神戸市長田区の珍味メーカーである株式会社伍魚福(ごぎょふく)の登録商標である。
解禁と同時に水揚げされた2cmほどのいかなごの幼魚は、鮮度が落ちないように収穫後ただちに釜揚げにされ、店頭に並ぶ。これを新子または新子ちりめんと呼ぶ。釜茹でした後に乾燥させたものはカナギ(小女子)ちりめんと呼ばれる。これより大きいもの、およそ4〜5cmの大きさのものを釜茹でしたものはカマスゴと呼ばれ、そのまま酢醤油やからし酢味噌で食べる。この際、一度炙ると香ばしさが出ておいしくなる。
阪神地区、播磨地区では春先になると各家庭でイカナゴの幼魚を炊く光景が見られる。また毎年3月末頃、出荷された釘煮が阪神地区、播磨地区のスーパーに山積みされるようになると、春の訪れとして消費が盛り上がる。明石海峡大橋のたもとにある淡路サービスエリアJR新神戸駅新大阪駅神戸空港大阪国際空港関西国際空港などの土産物店でもイカナゴの釘煮は販売されており、生姜味のほか山椒味、唐辛子味のものもみられる。
なお、近畿地方のなかでも、前述の地域を除く他の地域ではイカナゴの釘煮はあまり食されない。例えば京都市ではいかなごの釘煮よりもちりめん山椒が主流である。年配者の中にはイカナゴ自体を下魚として嫌う傾向も散見される。また、前述の通り、一般にいかなごのくぎ煮は、幼魚である新子を調理したものであるが、淡路島などでは成魚であるフルセを調理する地域もある。フルセを調理したものはくぎ煮と明確に区別するため、佃煮の名称で扱われる。
神戸市垂水区はイカナゴの釘煮発祥の地と呼ばれており、それを示す石碑がジェームス山異人館街に建てられている。ただし、これには異説[11]があり、2013年10月2日には神戸市長田区駒ケ林の駒林神社の大鳥居前に「いかなごのくぎ煮発祥の地」の石碑が建立されている。

FZR250 testラン

昨夜のビジネスマンクラスの時間に道場前でフロントフォークの取り換えを行いました。

新たに元他流極真経験者の入門体験の男性もきてました。

是非、入門してください。(^^)








何とか最後は皆さんに手伝ってもらって取り換え成功しました。



で、今日は大阪城まで自分で詰めた弁当持ってテスト走行してきました。


最近、料理を横から撮るのがハマリ。


大阪城は何やら単車が通行不可になってました。


以前は大丈夫でした。


ショウタと3年生のころ載せて大阪城の袂に行ったこともあります。

奴、後ろで寝てしまって落ちかけました。笑








後ろのブレーキオイルがやや漏れてる感じなので、応急処置です。

血を止めるようですね。

絆創膏でも貼ってよか。





最後は近所の川で休憩。

ここが気に言ってます。